忍者ブログ
ニュース
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人気5人組グループの嵐が、デビュー10年目を迎える今秋、2年ぶりのアジアツアー
(4都市8公演)を行うことが15日、分かった。この日、全国5大ドームツアーの
東京ドーム公演で発表。節目のアジアツアーは、史上3組目となる国立競技場単独公演
からスタートし、ジャニーズ事務所のアーティストとしては初の上海公演で締めくくる。
アジア再訪をステップに、さらに夢を広げていく。

勢力拡大を続ける嵐の5人が、アジアに再上陸する。

9月5日の東京・国立競技場を手始めに、10月に台湾・台北、11月に韓国・ソウル、中国・
上海と巡演。11月3日にデビュー10年目を迎えるグループにとって、2006年秋の台湾、
韓国公演以来、2年ぶりのアジアツアーで成長を見せつける。

国立での単独ライブは05、06年のSMAP、07年のDREAMS COME TRUE以来、
3組目の快挙。初の野外公演となるメンバーは会場を下見し、相葉雅紀(25)は「芝生を
触ってみたり、トラックを走ってみたり。カール・ルイスが走ったんだぁ」と感激で顔が
ほころぶ。陸上界伝説の米スーパースターに負けない風を巻き起こすつもりだ。

上海は歴代ジャニーズでも初見参で、17日に25歳の誕生日を迎える二宮和也は
「事務所的にも大冒険。これからも続けていけるように頑張りたい」と不敵に笑った。

もちろん、この日のドーム公演も“大旋風”。幅20メートル、縦10メートル、奥行き
10メートルの超巨大バルーンで高さ30メートルまで舞い上がった5人は、空中で
歌唱パフォーマンス。デコレートカーのパレードでファン5万5000人を夢の世界に
誘い込むと、新曲「One Love」(25日発売)など計29曲で魅了した。

1日のナゴヤドーム公演直前に右手親指付け根を骨折した櫻井翔(26)は、全治1か月
ながら「超調子がいいぜ」とハッスル。「5大ドームに野外、アジアと08年は挑戦の年。
これをステップにまた大きくなれたら」と胸を張り、松本潤(24)も「(アジアツアーで)
10年目のいいスタートが切れると思う」と確信。嵐といえども、目の前は一点の曇りもない。

スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080616-OHT1T00024.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]