忍者ブログ
ニュース
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポーツマスのハリー・レドナップ監督は、ニューカッスルの新監督に元イングランド代表
キャプテンのアラン・シアラーを推薦すると語った。

先週の土曜日にニューカッスルからの監督就任オファーを断ったばかりのレドナップは、
地元の英雄として未だニューカッスル・ファンから高い支持を集めているシアラーが
監督を務めるべきとコメント。この元イングランド代表FWに監督経験が
ないことについても、ニューカッスルでのプレー経験がそのデメリットを帳消しに
するだろうと語っている。

「私ならアランに監督を任せるね。彼ほどパーフェクトな人材はいない。監督経験が
ないことなど問題にはならない。彼はフットボールをよく理解しているのだからね。
経験が必要などというのは、我々のたわ言だよ。(サンダーランド監督の)
ロイ・キーンだって未経験のまま就任したが、もう一人前の監督だ。私は彼の発言に
耳を傾けるし、彼が指揮する試合だって観る。なぜなら、彼は必ずトップに登り詰める
男だからだよ。同じことはアランにも言える。アランはニューカッスルを
知り尽くしているし、ファンも彼を愛している。チームをよく知っているから、経験の無さも
あまり問題にならないだろう。彼はニューカッスルのアイドルなんだからね」

レドナップと同様、ニューカッスル・ファンはシアラーの監督就任を求めているが、
クラブ首脳陣は経験豊富な監督の就任にこだわりを見せており、現在は
ブラックバーンのマーク・ヒューズ監督に触手を伸ばしている様子。しかし、ヒューズも
「ブラックバーンを離れる気はない」と語っており、交渉が難航することは間違いない。
ここ数シーズンは結果を早急に求める余り、監督解任を繰り返してきたニューカッスル。
クラブ首脳陣にとっては大きなギャンブルとなるシアラーの監督就任だが、
古豪復活にはクラブのアイドルを指揮官に迎えた上で、長期的展望を持った
再建プランを立てることが必要なのかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/3463294/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]